産業用サーモグラフィー

産業用サーモグラフィー

大部分の産業で、高収益レベルを維持することは機器の効率および長期信頼性を維持することと同義です。このことはセメント、石灰、ボーキサイト、化学肥料またはDRIの生産など、工程でロータリーキルンを使用する産業で特に当てはまります。いかなるシャットダウンもハイコストに繋がります。生産率を高めるには、運用コストの低減、燃焼工程の改善およびエネルギー節減を行います。それはキルンのモニタリングシステムを選択することに資金を投入することです。

  • Household Waste Incineration

    Every year, 2.12 billion tons of waste is generated globally. While over 75% of it is recyclable, we only recycle 30%. Waste-to-energy is a technology which is more and more used  to generate energy (power and heat) from the sustainable management of municipal solid waste, 50% of which is considered as renewable. Waste incineration involves the combustion of organic substances contained within municipal solid and industrial standard waste material. Each ton of waste that is burnt and converted to energy can power a household for a month.

  • ロータリーキルンでのホットスポット検出

    ホットスポットの発生を監視するサーマルスキャンは、ロータリーキルンへの永久的損傷のあらゆるリスクを検出するという重要な役割を果たします。HGH は最高の解像度と感度を備えた最先端キルンスキャナーを提供します。1個の耐火れんがの落下について早期の警告を提供することができます。

  • セメント工場でのメインテナンスおよびエネルギー節減

    Kilnスキャナはキルンシェルの温度を連続的にモニタしますが、セメント生産工程の経済的成果において重要な役割を果たすことが判明しています。

  • 燃焼温度モニタリング

    ロータリーキルンは数十年間使用されてきていますが、そのバーナーのモニタリングは依然として課題です。エネルギーの持続性が重要であるときはさらにそのことが言えます。一般的な燃料制限のために、代替燃料の使用が常に増加しており、火炎パターン(形状)の制御、サイズおよび温度が重要になっています。