燃焼温度モニタリング

ロータリーキルンは数十年間使用されてきていますが、そのバーナーのモニタリングは依然として課題です。エネルギーの持続性が重要であるときはさらにそのことが言えます。一般的な燃料制限のために、代替燃料の使用が常に増加しており、火炎パターン(形状)の制御、サイズおよび温度が重要になっています。

3 simultaneous images of kiln burner

課題

セメントクリンカーの生産工程の一部(キルンバーナーの炎および冷却器など)は必ずしも十分にモニタされているとは限りません。塵芥の多い環境であってもバーナー側でのキルン内部の高信頼の温度測定値を提供することは容易なことではなく、ハイエンドな信頼できるツールを必要とします。

ソリューション

当社のホワイトペーパーをダウンロード

Pyroscan は高温測定カメラで、完全な高ダイナミックレンジ (HDR) 熱画像のお陰で、暗いエリアと明るいエリアの両方で鮮明な高品位画像を表示します。無制限数のユーザー定義測定点を使用して、塵芥の多い環境でも信頼できる温度測定値を提供します。Pyroscan はユーザー定義の分析ラインを使用して、クリンカーエリアでの温度測定の視覚化と火炎形状のモニタリングを可能にします。 

さらに、クレートクーラー内部のアバランシェおよびレッドリバーをモニタすることができます。

メリット

  • 信頼性の高い温度測定値(塵芥の多い環境での影響を最小化)
  • 燃焼のあらゆる変化の効率的モニタリング
  • バーナー調整、特に燃焼代替燃料のための包括的ツール
  • 火炎長/火炎幅および黒根長の視覚化
  • 履歴データベース(ビデオおよび温度測定)
  • IPでのビデオストリーミング