セメント工場でのメインテナンスおよびエネルギー節減

Kilnスキャナはキルンシェルの温度を連続的にモニタしますが、セメント生産工程の経済的成果において重要な役割を果たすことが判明しています。

Thermal mapping of kiln shell

課題

セメント工業では、操業コストを削減することは部分的には装置を長期間、効率的に稼働させることに繋がり、予期せぬシャットダウンの危険性を低減し、予防保全業務を最適化します。特に、キルンシェルは綿密なサーベイランスを実施する必要があります。

高性能赤外線センサーは回転時のキルンシェルの生の温度データを提供します。これらのセンサーによって、制御室のオペレータはキルンシェルを年中無休の高サーベイランス状態に置くことができ、シェルの温度マップ表示を介して、ホットスポット検出など、重要パラメータのアラームレベルが規定範囲を外れるとき、またはコーティングが消失する時期を提示することができます。

但し、サーマルスキャナは単なる緊急警告ツールではありません。サーマルスキャナはメインテナンスマネージャにとって役立つ価値ある機能を統合し、予防措置をスケジュリングしキルンの寿命を延ばします。

ソリューション

当社のケーススタディのダウンロード

HGH のスキャナおよびカメラは加熱工程の完全モニタリングを可能にします。Kilnscan はグローバル温度マップ、レンガおよびコーティング厚、キルンの速度、タイヤスリップならびに熱ひずみなど、キルンの重要パラメータに関する生データおよび保存されたデータを結合して、正確な測定を提供します:

  • キルンの動作をモニタするには
  • 傾向を描写するには
  • 予防保全業務をスケジュールするには

メリット

HGH のシステムは緊急警報ツールであるだけでなく、予測保全プログラムを確立する際にメンテナンススタッフを支援することができます。