空港/飛行場のサーベイランス

空港セキュリティ職員の任務は侵入者の検出および追跡、脅威の評価、反応の調整(人間のパトロールまたは自動ドアクローズのいずれでも)および法的起訴に備えた証拠の収集です。

Airport surveillance

空港は可視光ビデオカメラおよび最新式セキュリティフェンスから赤外線ロングレンジカメラまでの範囲の多様なテクノロジで境界セキュリティに対処します。暗闇のベールで、装備不足の場合、スタッフは発生の可能性のある侵害および攻撃に対して盲目状態になります。安全装置がない状態では、夜間の境界侵害は壊滅的で、重大な法的波紋と無視できない否定的報道をもたらす可能性があります。空港職員は常時完全な境界のコントロールを維持できるように、非常に広域に対して完全な夜間視界を提供するソリューションを必要とします。ソリューションは非技術職員が直ぐに習得できるように、コスト効果が高く、維持しやすく、使いやすい必要があります。

課題

空港に特有の課題:

  • 保護すべき境界フェンスが数キロメートルに渡っている
  • 監視ゾーン周辺に重要なトラフィック(作業者、動物、道路、アクセス道路、飛行機およびトラック)が存在する可能性がある
  • オペレータの疲労
  • 共通作戦状況図(COP)ワークステーションおよびディスプレイとの一体化
  • 過酷な状態への暴露:雨、風、雪、氷、熱
  • 低空を飛ぶ飛行機および野生生物を検出できないこと
  • 保存されたデータと判定データを使用しなければならないこと

ソリューション

空港のケーススタディのダウンロード

HGH の Spynel パノラマ赤外線セキュリティシステムは空港のセキュリティおよびサーベイランスのニーズに対して理想的なソリューションです。システムは連続回転するヘッドを使用して360度の画像を生成し、侵入をリアルタイムで検出および追跡します:基本的に Spynel カメラは「眼を備えたレーダー」のように動作します。この包括的な年中無休のサーベイランスは光をベースにしたカメラモニタリングの欠陥を即座に解決します。さらに、Spynel の中波または長波赤外線センサーによって、全くの暗闇や霧、雨、雲、煙などの悪天候の中で数km遠方の人間を検出できます。

2、3台の Spynel カメラで、数十のPTZ赤外線カメラが従来必要であったはずのすべての境界に対応できます。

メリット

360度パノラマ視界

Spynel は完全な360度ライブHD画像を提供します。Spynel は最大1回転/秒の速度で風景をスキャンして、リアルタイムで動きと新たな物体に対する応答性を保証します。

自動侵入検出および追跡

Spynel のバックエンドソフトウェアであるCyclopeは脅威の画像を連続的にモニタし、ターゲットとしてマークを付け、その動きを追跡します。これはすべての方向で同時に発生し、オペレータの効果的な認知のためにパノラマ、円盤状またはレーダービュー内に表示されます。

高感度HDサーマルイメージング

Spynel カメラは中波または長波赤外線センサーシステムであり、1日中、全天候条件において熱エネルギーの差に非常に敏感です。Spynel カメラはマルチメガピクセルイメージング出力と結合されており、2、3 mK/画素の変化を検出するのに十分なほど高性能です。これによって、長い検出範囲と小さなターゲット捕捉が可能です。

受動的信号

Spynel システムは電磁波を放出するレーダーと異なり受動的で内密指令を可能にします。

適応性のある柔軟なプラグ&プレイ操作

Spynel システムは一般的に軽量ソリューションです。カメラは簡単に運搬でき、1台のラップトップコンピュータと連係動作するようにすばやくセットアップすることができます。ソーラー電源および代替電源を組み込んで、遠隔の非接続操作を実行できます。

使いやすいインタフェース

Cyclope は簡単で効果的なサーベイランス画像を全レベルのオペレータに提供するように設計されています。ユーザーは最小の訓練で、パノラマ画像、脅威検出およびデジタルズームウィンドウを使いこなせます。自動ゾーンモニタリングを設定して、侵入に対してパンし、脅威が現われるとそれを追跡することができます。カスタムカラーパレットおよび表示レイアウトを設定して視認性と効率性を最大化できます。

MIL 810 STD – EMC MIL 461 STD

Spynel は気密構造で、コーティングおよび塗装されており、非常に過酷な温度および直射日光に耐えることができます。機械的には、すべての部品がエレメントから保護されており、メンテナンスが最小または不要です。

環境および背景分析

Cyclope は自然環境の外乱を学習して理解し、望ましくない誤警報をなくすように作成されています。侵入検出システムによって、粉じん雲、回転草、野生生物および風による物体移動を分析して無視します。

判定機能

データと録画を簡単なビデオとして再生するか、完全にカスタマイズおよび操作して以前のシナリオを再構築できます。感度およびアラームデータをリセットして、新しい表示設定を使用できます。大きなタイムテーブルストレージに対してはデータが圧縮されます。

配備と実証

Spynel は商用に、また国防作戦の両方に対して、世界中の空港施設で配備されています。新しい設備では必要なハードウェアを最小化でき、1台または2台のカメラを使用して空港全体をモニタできます。大規模運用では、Spynel を使用して、すでに使用されているシステム内のギャップに対応するか、期限切れの性能の劣る機器をアップグレードできます。