UAV(無人機)の検出

過去10年間に、商用または娯楽目的での小型UAV(無人機)の人気、入手しやすさ、および購入する人数が劇的に増大しました。連邦航空局(FAA) は2020年までに、米国で飛行するUAVの数が30,000機.にもなると予想しています。世界中の重要インフラの近くを飛行したりそれに着陸するUAVに関する事件の最近の数を考えると、この数字は懸念すべきものです。こうした重要インフラの名前をいくつか挙げてみると、ホワイトハウス、日本の首相官邸、ゴールデンゲートブリッジ、フランスの原子力発電所、刑務所(禁制品を取得するための手段として)などがあります。音響センサーやレーダーなど、従来のセキュリティ手段は小型UAVの低速度および低電磁気の特徴的性質を検出できません。このため、赤外線温度テクノロジなど、型破りで現代的なテクノロジが、人々を傷つけたり重要インフラを破壊することから、これらの新しい脅威の検出を可能にするのに使用できる最良の選択肢になります。

Drone flight over a nuclear power station

課題                                                                                                                             

  • UAVの小型で低電磁気であるという特徴的性質はレーダーなど、従来の検出手段では登録されません。
  • 入手しやすく低価格なため、現在、UAVを入手したい人なら誰でも飛ばすことができます。
  • 米国南部国境で薬物を密輸するのに一般的に使用されるパラプレーンは発見が困難で、何百ポンドもの積み荷を運ぶことができます。
  • また、従来の検出手段は天候条件によって大きな影響を受けます

ソリューション

ドローンスウォームに関するケーススタディをダウンロードする

当社のUAVホワイトペーパーをダウンロード

Spynel の赤外線サーマルイメージングテクノロジを使用すると、UAVはステルス性(見つけることができないこと)を維持できません:暖かくても冷たくてもあらゆる物体を昼夜を問わず熱探知カメラによって見ることができます。 Cyclope 高性能侵入検出ソフトウェアと連携動作させると、無制限数のターゲット(空中、陸上または海上の脅威)の自動検出および追跡によって、長距離の広域環境で見落とすイベントを確実に無くすことができます。ターゲットの基本的分類(地上または空中)は高度による校正に基づいたもので、すべての空中ターゲットは小さな飛行機アイコンで表されます。サーマルイメージングは昼夜のサーベイランスを可能にします。また、暖冷に無関係に、ステルス性があると考えられる場合でもあらゆる物体を見ることを保証します。

メリット

360度パノラマ視界

Spynel 超ワイド360度パノラマ視界 (FOV) と連続 IR モニタリング機能が昼夜、「何も逃さないを通知」を保証します。Spynelカメラは「ソーダストロー効果を通して見る」ことをなくす360度水平FOV(水平FOVに制限がある従来のカメラと異なります)のお陰で、すべての角度の赤外線画像を同時にキャプチャします。

自動侵入検出および追跡

自動侵入検出および追跡によって、ユーザーは360度パノラマ画像全体をすばやく移動して、関心のあるエリアにズームインすることができます。

受動的信号

Spynel システムは電磁波を放出するレーダーと異なり受動的です。

適応性のある柔軟なプラグ&プレイ操作

Spynel システムは一般的に軽量ソリューションです。カメラは簡単に運搬でき、1台のラップトップコンピュータと連係動作するようにすばやくセットアップすることができます。ソーラー電源および代替電源を組み込んで、遠隔の非接続操作を実行できます。

使いやすいインタフェース

Cyclope は簡単で効果的なサーベイランス画像を全レベルのオペレータに提供するように設計されています。ユーザーは最小の訓練で、パノラマ画像、脅威検出およびデジタルズームウィンドウを使いこなせます。自動ゾーンモニタリングを設定して、侵入に対してパンし、脅威が現われるとそれを追跡することができます。カスタムカラーパレットおよび表示レイアウトを設定して視認性と効率性を最大化できます。

MIL 810 STD – EMC MIL 461 STD

Spynel は気密構造で、コーティングおよび塗装されており、非常に過酷な温度および直射日光に耐えることができます。機械的には、すべての部品がエレメントから保護されており、メンテナンスが最小または不要です。

環境および背景分析

Cyclope は自然環境の外乱を学習して理解し、望ましくない誤警報をなくすように作成されています。高レベルの偽陰性アラームを発生させる可能性のある面のクラッタ(地上または海上のクラッタ)、点のクラッタ(鳥など、より小さな飛行物体)および天候条件を侵入検出システムで分析して無視します。

判定機能

データと録画を簡単なビデオとして再生するか、完全にカスタマイズおよび操作して以前のシナリオを再構築できます。感度およびアラームデータをリセットして、新しい表示設定を使用できます。大きなタイムテーブルストレージに対してはデータが圧縮されます。