セキュリティ

セキュリティ

広域サーベイランスには多くの課題があります。複数の発生の可能性のある侵入に直面するとき、現場のセキュリティ担当者および兵士にはできるだけ早期に警告が行われ、迎撃または対抗措置を実行できるようにする必要があります。2、3分が大きな違いをもたらします。

HGH 赤外線システムはSpynelがこれらの課題に対処するように設計しました。Spynelは高解像度360度赤外線画像をリアルタイムで表示および分析します: 何が来ても常時、すべての脅威が表示され、水平線まで自動的に検出および追跡されます。大きな飛行場、FOBS周辺の広大な砂漠エリア、刑務所、地上および海上の国境、港湾の入口または河口など、すべてのエリアを対象とします。

独立型サーベイランスシステムとして、または既設のシステムへの追加機能として、Spynel は境界全体に眼を光らせます。

  • 国境サーベイランス

    世界中の国境における危険の可能性はテロリズムまたは麻薬/ヒューマントラフィッキングの高リスクに関連して最近ではきわめて現実的な関心事となっています。 米国南部国境などの地域では、高レベルのサーベイランスを必要とする武装した麻薬および移民の密輸業者の数が急増しています。フィールドでのパトロールに対して、すぐに実施可能なインテリジェンスを提供する必要があります。しかし、国境パトロール担当者に情報を提供するテクノロジは下記のように、きわめて特定の課題の集合に対処する必要があります:サーベイランス機器は遠隔地における過酷な環境に常時晒されることに耐える必要があります。さらに、検出および追跡テクノロジは時には回転草や様々な動物で満ちたきわめてクラッタの多い環境に直面しなければなりません。起伏の激しい丘陵が眺望の一部であることがあり、視界方向が常に見晴らせるわけではない場合、地形自体も複雑な問題につながる可能性があります。

  • UAV(無人機)の検出

    過去10年間に、商用または娯楽目的での小型UAV(無人機)の人気、入手しやすさ、および購入する人数が劇的に増大しました。連邦航空局(FAA) は2020年までに、米国で飛行するUAVの数が30,000機.にもなると予想しています。世界中の重要インフラの近くを飛行したりそれに着陸するUAVに関する事件の最近の数を考えると、この数字は懸念すべきものです。こうした重要インフラの名前をいくつか挙げてみると、ホワイトハウス、日本の首相官邸、ゴールデンゲートブリッジ、フランスの原子力発電所、刑務所(禁制品を取得するための手段として)などがあります。音響センサーやレーダーなど、従来のセキュリティ手段は小型UAVの低速度および低電磁気の特徴的性質を検出できません。このため、赤外線温度テクノロジなど、型破りで現代的なテクノロジが、人々を傷つけたり重要インフラを破壊することから、これらの新しい脅威の検出を可能にするのに使用できる最良の選択肢になります。

  • Prison Surveillance

    Conventional security systems that have been the hallmark of prison security in the past years have not been able to adequately tackle the new security challenges while Spynel 360° thermal sensors have proven their efficiency.

  • 重要インフラの保護

    過去10年間、全国的な重要資産および海外の国有財産に対するテロリストの脅威によって、侵入保護と境界セキュリティが民間部門と同様に政府にとっても優先事項になってきました。従来のセキュリティ手段にはCCTV カメラやパトロールなどがありますが、夜間サーベイランスには追加サーベイランス機器が必要です。各重要サイトの環境は変化し、本当の脅威ではない地元スタッフ、訪問者および動物によってトラフィックが多くなる可能性があります。

  • 空港/飛行場のサーベイランス

    空港セキュリティ職員の任務は侵入者の検出および追跡、脅威の評価、反応の調整(人間のパトロールまたは自動ドアクローズのいずれでも)および法的起訴に備えた証拠の収集です。