Kilnscan - Rotary Kiln Scanner

  • 耐火れんがの平均サイズより小さいな最高の空間分解能
  • 独自の熱ひずみ計算と履歴データ管理
  • 90~140°の独自スキャン角度

Kilnscanカタログ

ビデオ

ケーススタディ

キルンシェル内部を監視

Kilnscan thermal scanner in operation

KILNSCANはベンチマークとなる温度スキャナで、最高の分解能と感度を備えており、高フレームレートでキルンの完全な温度プロファイルを表示します。KILNSCANは最も初期の兆候であらゆるホットスポットについて警告します。さらなる高機能KILNSCANは独自の熱ひずみ計算と履歴データ管理など、高機能を備えているため、オペレータに完全な情報を提供して、予知保全プログラムの運用を保証します。 

 

キルンの寿命を延ばす温度スキャン

堅牢なシステムのKILNSCANは過酷な環境のために設計されています。KILNSCANは業界で最高のスキャン角度を有し、以下のあらゆるキルン構成に適合します:周囲のフリースペースに限りがある長いシェル、ポストによってできる複数の影を伴うキルンなど。KILNSCANは高精度で信頼性の高い温度測定、早期イベント検出のための複数アラーム、傾向を表し予防保全業務をスケジュリングするための履歴データおよび先進の耐火物管理を提供します。

Kiln shell monitoring software

特長 

  • 1個のレンガ落下を検出する高い空間分解能
  • 疑わしい温度変化を警告する高い温度感度
  • 内部の黒体を使用した自動校正:時間ドリフトなし
  • 長いシェルをスキャンするための最大140°の独自スキャン角度
  • 悪天候条件で最高の精度を得るための独自の外部基準黒体
  • 電磁干渉を回避するための制御室への光ファイバーリンク
  • 過酷な環境向けに設計された堅牢なシステム

メリット

  • 真の1レンガ解像度での連続的なフル温度マップ
  • 損傷前のホットスポット早期警告
  • 耐火寿命のモニタリングおよび延長
  • 信頼性の高い予防保全スケジュール
  • あらゆる要件(複数の影 - 長いキルン - フリースペースの制限)に適合したソリューション
  • プラント制御システムに直接リンクされたスキャナーデータ