会社背景

HGH、赤外線の基準 – 1982年創業

HGH 赤外線システムは2人の赤外線テクノロジのパイオニアがフランスで出会った30年前に設立されました。産業用サーモグラフィーカメラメーカーのフランス子会社取締役René Houisとフランス海軍オプトロニクス研究所所長Gilbert Gaussorguesが1982年に HGH を設立しました。最初、会社は特定の要件に従ってカスタマイズされたオプトロニクス機器を設計しました。

HYPERCERBERE - Measurement of IR emission of air targets
HYPERCERBERE - 空中ターゲットのIR発光の測定

次に、HGH は2つの製品ファミリを開発しました:

  • 多様な赤外線試験機器 (黒体、赤外線および近赤外線コリメータ、光学メンテナンス用ユニバーサルテストベンチ、光学検出器用光学テストベンチ)。
  • 非接触温度測定用赤外線スキャナ

2000年代初頭、HGH は国際的な拡張を加速し、生産の80 %以上を輸出に向けました。HGH は赤外線テクノロジにおける革新に向けた国際基準として自らを確立してきました。これは提案されたソリューションの多様性と信頼性の賜です。HGH は10年以上に渡って獲得した技能を活かして、新領域の製品 Spynel を開発しました。これは年中無休の広域サーベイランスシステムで、自動侵入検出および追跡機能を搭載しています。Spynel は世界中のいくつかの重要インフラを保護し、以下の多くの国際賞を受賞しました:2012 Govies政府セキュリティ賞、2012年のMontgolfier賞(市場での技術革新の適切な導入に対して)、Euronaval 2010イノベーション賞。また、Spynel はNASA テクニカルブリーフによるイヤー2008の製品でした...
(各賞について詳しくは情報のセクションをご覧ください)